作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その8 チェーン終了と足回りのパーツ」

やっと・・おわりました都合、10コマほど失敗しました。長さの調整は元のパーツから軸間を出して、スプロケをその距離に固定。それで合わせましたが・・・実際はつけてみてですね・・リアのブレーキ。二箇所洋白線に置き換えしました。厚みがあったので中央に溝をほってぽくしました。スプロケ。エッチングパーツです。形状がちがうんですよね・・・どうしましょう?これは塗装までおわったリアサス。塗り分けと墨入れでこんな…

続きを読む

作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その7 ラジエター配管とホイール塗装〜チェーン開始」

スイングアームのチェーン擦れ防止のプラ板。つけ忘れていたのでつけました。もっとベージュっぽい色なんですが塗装よりプラ素材を生かした方法に。エンビのなにかのパッケージの角をつかってLのプラを切り出しました。ヤスリで乳白っぽく。ピンで止めます。このほうが本物っぽくみえる・・・ような気がします。エンジンからラジエタへのホース。ゴムではなく網入りのホースなので・・・タミヤ製銀のメッシュホースにブラックで…

続きを読む

作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その6 エンジンつづき〜塗装」

すこしづつ進んでいますクラッチです。基本キットのままです。塗装がめんどうです・・・色も買えていくんですが・・写真だとわかりにくいです・・下地にブラック、チタンゴールドにブラウンを少々。これがクラッチ板。マスキングしてシルバーを。正面はメリックグレイに少々ブラック。8個のナットは1.4mm穴のマスキングシートでメタリックブルー。さらに1mm穴のマスクでシルバー。真ん中はピンポイントシルバー。小さい…

続きを読む

作る 「月間シリーズ デアゴスティーニ フォードGT40 1/8 PACK01」

過去、デアゴでは多くの大型ミニカーを週間販売してきましたね。今回日本国内未発売のフォードが限定販売を開始しました。旧車や旧レースカー好きには是非ラインナップしたいところです。週間とはいうものの実際は月間販売。それなら合間を縫って制作もできそうだとポチりました。 最低限手を入れながら作っていきたいと思います。ほぼ1年かかりますか?・・・完成するといいです。上の写真はパッケージ。できれば普通にマガ…

続きを読む

使ってみました01〜デカール貼りの効率化に「デカーリング・クイック・トレー」

店長っぽいこともしてみます。 「使ってみました」テーマで新製品やレビュー少なめの物を使ってみようかと思います。1回目は以前から興味のあった「デカーリング・クイック・トレー」ですプラモ向上委員会さんから発売されていたこれ。あぁ〜Quickなんですね・・。そこだけ英語が正式でした。HPのスクショです。メインのトレイにピンセットとハサミまでついた超コスパ良の物です。ハサミなんか曲線ですよ・・。便利で…

続きを読む

作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その5 エンジン〜」

エンジンにいきます本体とシリンダーケースは接着。キャブは組み立てました。とにかく合わせ目消しが大変です・・シリンダーケースとの接着部分も隙間が・・チャンバーがこの円ダボにつきます。スプリングの止め穴がオミットされていますので・・・スリットをいれてプラ板でつくります。金属も考えましたが結局、瞬間接着剤でつけることになるのでプラでも強度は一緒かな・・と。スプリングもそうっと乗っけるように接着すればテ…

続きを読む

作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その4 フレームつづき〜スイングアーム」

カウルとの合わせが終わったので溶接痕をつくります細切りのプラ板で写真を見ながらくっつけます。サスのボルトは「モナカ」です。仕上げが大変なのですっぱり切り落とし3Dプリンターで作った物と置き換えました。前方のタンクとの間のゴムも金型の問題でしょうがオミットされているのでこれも3Dプリンターで作りました部品が切り離された後ですが3Dプリンターの出力物です。同じ色で塗装するのでスイングアームも作ります…

続きを読む

作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その3 フレーム〜」

フレームにいきます裏埋めが少ない分助かりますよねとは言ってもありますけど。ポリパテで。裏埋めが終われば左右を接着。説明書ではリアサスの一部とエンジンは後ハメができます。カウルとのピンとラジエター。ラジエターとの接続ステーはなんとも面白い形状でした。細くそれっぽく削りました。折れそうです・・右側。ラジエターも左右にゴム?か何かの四角い部分も削り落としました。モナカなので合わせ目を消します。フレーム…

続きを読む

作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その2 カウル〜」

カウルからいきますとは言ってもカウルをまずそこそこ仕上げて、フレームへ。内部を作ってみて(作りながら)カウルのあわせを。カウルの調整が終わってから本塗装かなぁ・・・などと考えてますフロントカウル。パーティングラインが結構はいっています。スライドを3方向に使用してディテールを頑張ったかんじですよね。ピンは置き換えかなぁ。アンダーカウル。ラジエター吸気口を合わせ目消しがひつようですね・・。内側がやり…

続きを読む

作る ハセガワ ヤマハYZR500 OW98 1988 WGP500 Champion 1/12 「その1 開封です」

発売されて結構立ちますローソンヤマハで有名なこのキット。1988年WGP500での優勝車ですね。スイングアームが「への字」に曲がり、そのおかげで下回りのチャンバーが無理なく装備。そのおかげで出力アップ。その後のマシンがこのへの字をだいぶ取り入れました。あ、この「への字」バンク角も以前よりとれます。レーサーズの記事ではエディローソンが生涯乗ったマシンの中で1番のお気に入りだったそうです。キットです…

続きを読む

作る Revell ロンドンバス 1/24 「その8 シルバー塗装その2〜客席の組み立て」

モンキーの外装と一緒にメッキ塗装予定のパーツも一緒にウレタンクリアーを。まだこんなにありました・・・こればメッキ塗装。シートへのデカール貼り。こうなる前に裏はウォームグレー、表(座面や背もたれ)はワイン色(指定色はレッド+ブラックだけですが、そこにシアンを少し混ぜて紫に降っています)で塗装しておきます。デカールを貼ったものが上の方にふたつありますが、片側の縁にはデカールが内容です。実車もこんな風…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その9 完成写真〜ギャラリー」

ホンダモンキーレプソルカラー ギャラリーです おじさんと記念写真です。なかなか華やかです。オリジナルのサス、かっこいいです実車でもこのカラーならほしいですやはりバイク模型には金属パーツは映えますもともと作りやすい模型です。ほかのカラーも作ろうかと思うほどサクッといけますね・・・・フェンダーもコンパウンドだけでデカールの段差がなくなります。このデカール、薄い割に色抜けもしないし結構な「良い」デカ…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その8 完成〜バイクも」

バイクの細かい所ハンドル右。アクセルコードの基部はTopStudio部品。ブレーキコードはバンジョーでっぽくしました。左。レプソルマークつきタンク。ホンダマークはデカールを貼ったあとレジン樹脂でカバー。メーター部分。デカールを貼ってレジン樹脂でカバー。ハンドル抑えカバー?は四箇所、六角ボルトに変更。ナンバープレートは東大阪市のご当地ナンバー。人工衛星とラグビーボールだそうです。ブレーキホースはレ…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その7 フロント〜自立」

フロントですフロントフォークはシルバーにクリアーイエロー。サス部分はハセガワのフィニッシュシートミラー。先端はアルミシルバー。ブレーキはホンダRR-Rから移植。ブレーキパイプの基部はTopstudioバンジョー。あとはほぼキット素組みです。スタンドをつけたので一応自立できるようになりました。もう少しで完成ですね・・ 先日のおじさんフィギュアです。ジャケットのデザイン変更のため腰部分の切り返しを…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その6 制作〜チェーン」

チェーンの組み立てです今回は比較的新しいキットなので組みやすいです。古い奴は保護シートの粘着が酷かったり穴がキツかったりと、なかなか厳しい物がおおいです。はい、スプロケを入れて・・・挟み込んだら眼鏡パーツを組んでいきます。リアタイヤとスイングアームとチェーン。チェーンは墨入れだけです。なかなかリアルです。ブレーキ側。レース用のブレーキというオーバースペック。ステップなどと一緒にネジ止め。ネジの頭…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その5 制作〜リアタイヤ周りを着手」

デカールもはりますリアパイプのデカールとヘルメットホルダーにエッチング。かまぼこになっていたホルダー部分を0.5mmの洋白線に置き換えました。タンクにレプソルデカール。タンクは下地にグレーサフ。EXホワイト→EXクリアー→蛍光イエロー→EXクリアー→蛍光レッド→EXクリアー。このあと乾燥したら砂吹きしてウレタンクリアーです。サイドカバーに前後のフェンダー。で、ウレタンクリアーです。写真だと「次の…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その4 制作〜リアサスのオリジナル化」

エンジンは・・目立つところだけTopStudioさんのリベットに置き換えました。シリンダーヘッドに斜めについている蓋?、ここのピンは六角ボルトなんですが在庫がなくリベットピンで。クラッチステー。以前アルミで・・みたいに書きましたがつけるとこんな感じです。センサー?のコードでしょうか。目立つので自作。フレームに組み込み。キャブのあたりはエアクリーナーカバーで見えなくなるのでキットのままです。プラグ…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その3 制作〜いろいろ手をつけてます」

レプソルカラーブルーの塗装忘れ・・リアのウインカーとバックライトがブルーでした。メッキを剥がしたところ。スプロケカバーの縁を薄々にしました。蛍光レッドの塗装。というか・・これが指定色?でしょうか?。もっと普通に赤い気がすんですけど・・・クラッチステー。アルミ板からつくりました。フレームの塗り分け。リアブレーキのリザーブタンクはRC213Vの指定色。レッドが乾いたのでマスキングを剥がしました。ま…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その2 制作〜レプソルカラーの用意・・」

レプソルカラー(白を入れると4色)で塗る部品を選別します。タンク、サイドカバ、ホイール、ライトカバー、フレームと・・・前後のフェンダーにフロントのウインカー。これはメッキ部品です。なんか綺麗なメッキでもったいない気分です。これがタミヤ指定のレプソルカラー。レプソルホンダRC213V2014モデルの指定です。蛍光レッドと蛍光イエロー。缶スプレーしかないんでしょうか?缶スプレーでは吹けないので紙コッ…

続きを読む

作る タミヤ ホンダ モンキー 125 1/12 「その1 開封です」

これ、はじめます。もともと興味はあったんです。ストレートに。で、綺麗に塗ればそこそこの出来になるという「最近の良キット」という噂。ホンダモンキー125。モデルチェンジした新しい形、キットも新しいです。バイクシリーズも3桁台ですね・・・早いAランナー。フレームなんかいじりたくなってしまいますが・・・あまりやりません。・・・たぶんBランナー。最近のタミヤさん。すごいシャープですね・・・・・Cランナー…

続きを読む